FC2ブログ
愛らしい小さな手
お陰さまでブログを書き始めてから、小さなお子様の入室が増えました。
可愛い小さな手がグランドピアノの鍵盤に・・どの子も最初はおっかなびっくりですが
押してみて音がでると、一応に楽しそうな歓声をあげます。
私は知っています。この手が毎年、毎年成長し、2年後には両手でピアノが
ちゃんと弾ける事を・・
大學を出てすぐに私のお弟子さんになった男の子は、私が結婚するまで来ていましたが
最後のレッスンの時には、ショパンのポロネーズを弾いていました。
8歳から18歳まで進学校に行っても続けてくれました。その彼も今では4児の父
今も年賀状をやり取りをしていますが、子供にもピアノをやらせていて、発表会に
娘と連弾しました!といううれしい報告を読むと、ピアノ教師冥利につきますね
入室されたお子さんもやがて小さな手が成長し、沢山の曲を弾けるようになります。
私は勿論ですが、発表会でお子様の成長を見る親御さんのうれしさはひとしおかと。
ピアノをやってて良かったといわれる教室を今後も作っていきたいと思っています。
スポンサーサイト



[2012/05/29 18:25] | 未分類
ピアノ教師のひとりごと


自分のピアノ教室の紹介、出来事などを綴ります。

プロフィール

EternalSonko

Author:EternalSonko
東京音大卒、趣味は読書、レストラン巡り、ショッピング 
パーティーに参加すること。ピアノでは印象派が好きです。絵画ではレンピッカ、レオナール藤田。夫の仕事で5年ロンドンに住んでいました。息子1人。楽しい事を優先に生きている極楽トンボピアノ教師です!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR